物語

物語

第2章 その15

「もう話すこともないかと思ってたよ」 「これだけ早く出てこられたんだから感謝してよ」 ...
物語

第2章 その14

「余計な事って?」 「お前はファインプレーをしてたってことよ」 さっき電話で聞いた話を...
物語

第2章 その13

「やぁ、柴田さん久しぶり。今日は1人かい?」 タカミと話すのは久しぶりな気がする。このところ...
物語

第2章 その12

テレビでニュースを流してる、ずっとそれを見てる。いつ結果が出るか分からないから、今はこの問題が解決...
物語

第2章 その11

夕方の志乃はひでぇ顔をしてた。 そりゃ気が気じゃねぇよな、アンドロイドと暮らしたことなんかね...
物語

第2章 その10

それから時々、俺は志乃と話をした。 なんでもない話をするのはタカミと変わらないのに志乃との話...
物語

第2章 その9

「こんなところで何やってんだ?青春黄昏中か?」 「おじさんを待ってたんだよ」 部品を渡...
物語

第2章 その8

あのおっさんは人が悪い。 人の弱みに付け込むタイプだ。 「ほらよ、待たせたな」 ...
物語

第2章 その7

「おーい、志乃ー、なーにサボってたんだよー」 「サボってない!途中で気分悪くなっただけだって...
物語

第2章 その6

「何だよ、ガキ」 「何だよじゃねぇよ、おっさん。前に拾ったもんあるだろうが、あれは俺のなのだ...
タイトルとURLをコピーしました