物語

物語

その7

「うー」 眉間にしわを寄せて、口を尖らせ、自身の手を見つめている。 「上手くいかないだ...
物語

その6

「寝る時?一緒に寝たいってこと?別に叶えられるけど、なんというか、ちょっと恥ずかしいな」 「...
物語

その5

「謝らなくていいよ、僕らは今日初めて話したんだから知らなくて当然だ。それで…その…前の事は、聞いて...
物語

その4

「リスナー、聞き手、聞く人ですか?」 「そう、僕の音楽を聴いてほしい」 「それは楽しそ...
物語

その3

「はじめまして、あなたの名前を教えてもらえますか?」 目の前のその人は安心した顔をしている。...
物語

その2

富裕層の住宅区画を出て駅に近づく、が電車には乗らない。歩けない距離でもないし節約のためでもある。電...
物語

その1

音楽はもう個人のものだ。 自分に合わせた曲をAIがそれぞれ作ってくれる。過去の気に入った曲も...
タイトルとURLをコピーしました