藤原 雄二

目を

目を開くと一日が始まる 陽をみるか時間を見るか通知を見るか 光を通し 反射して 遮る そこに色と形...

灯り

日の下で暮らす僕らは 暗闇を恐れて明かりを灯した あの物陰に何を思う 鬼が出るか蛇が出るか 見えな...

籠城

窓の向こうはガタガタと 日はすっかり沈んで暗闇 布団の中は暖かく 日の落ちた外はすっかり冬の様相 ...

日々に進む

これは認めてもらう戦い 私と言う人間が私としてここにいるとして それに意味を見出す戦い 勝つこと...

なんだかんだで

なんとか今日も生き抜いて あとは日課をこなして そして今日も終わっていく 決して100点花丸は貰...

劣等生

多くの人が抱く流れに逆らって 優れているつもりだったら大間違いだ ただ理解できていないだけ 特別...

枯葉

青い葉に命を見る 光を浴びて幹に送る 風を受け雨を受け 一つの木としてそこにある 日が変わり役目...

泡となって消える

頭の内側の脳みその中から 思考となって浮かんだ思いは すぐに消えてしまって思い出せない 水の中で...

顔の正面にガラス玉みたいな それを取り出して握ったら 硬いのかな柔らかいのかな 光を探して昼の世...

乗り換え

電車に乗っているときに どこに向かっているのか分からなくなったら 立ち止まらなければならない その...
タイトルとURLをコピーしました