2020-06

ここに在る

今わたしが消えてしまったら それに気づく人がいるでしょう そして寂しくおもうのでしょう それがど...

昇る煙る

身体から浮き出る煙のように 空に溶けてく昇る煙 見届けた先に広がる世界を見つめて 空のどこかにい...

四半世紀

25年の月日を過ぎて 見える世界に何を想う 齢80と見たならば 1/3を超えたころ 時計の針に例...

こどもの頃のように

思い出すのだ こどもの頃の事を あの純粋に楽しかったことを 追いかけていたころを 繰り返し繰り返し...

夏前

気候が上がりもうすぐ熱が肌を焼く頃になる まだこの頃の陽射しは纏わり付くくらい 風が間に滑り込ん...

あなたの世界を生きる

あなたの世界を生きる 私の世界をあなたは生きる 何時に起きてどこに行って何を食べたか 私は何も知ら...
趣味

始めてのコード まとめ

これからギターを始めるあなた、 まず覚えていくのはコードだと思います。 6本の弦それぞ...

嫌われ者の梅雨と僕

薄曇り 降り出す雨の前 どっちつかずの僕のよう 肌にまとわりつく服と 蒸れる襟足 湿気が満ちた季節...

文字を綴る

言葉を 想いを 文字にして 一つの塊としたものを詩と呼ぶか ポエムと呼ばれると馬鹿にされていないか...

雨あらし

風が舞う 低気圧が渦巻いて頭が重い 向かい風が邪魔をして 髪の毛も乱れてく 雨が降る 抱えたこと...
タイトルとURLをコピーしました